キーワードの密度

SEO対策で重要なキーワードの密度について見ていきます。検索エンジンはキーワードの密度もチェックしています。キーワードを無節操に盛り込むのは逆効果です。複数のキーワードは近くに配置したほうがいいなどキーワードについてもSEO対策では重要なことがあります。

検索エ ンジンがウェプページとキ ーワー ドの関係性を判断する手がか りの lつに、「キ ーワー ドがどれだけページ内に存在しているか」 ということがあります。普通ならページ内にあまり出てこない言葉よりも、頻繁に出てくる言葉の方が、ページとの関連が深いからです。検索エ ンジンは一般的に、「キ ーワードの密度を調べている」といわ れています。キーワードは程良い密度でといっても、キーワー ドをむやみやたらに書き込めばいいというわけではありません。 キーワードが異常な密度で並ぶこ とは、普通にページを作っている場合はありえないことだからです。 かつて、キーワードを見えないようにして大量に列挙することで、そのキーワードとの関連 付けを無理矢理に高めようとする手法が横行した時期がありました。その対抗策として、検索エンジンはキーワード密度が高すぎるページを排 除するようになっています。したがって、キーワードは程良い密度で盛り込むのがベストです。 また、キーワードが多すぎる文章は訪問者にもくどすぎる印象を与えてしまいます。

目的のキーワードを最も多くする
キーワードの密度を適度に保つ一方で、もう lつSEO対策で重要なポイントがあ ります。それは、キーワードが登場する割合を、ページ全体の単語の中で最も多くするということです。
複数のキーワードでSEO対策をして検索上位を狙っているのなら、キーワード間の距離にも注意する必要があります。検索エンジンは、キーワード同士の距離が短いほど関連が強いと判断し、それらのキーワードを同時に使って検索した際に、上位に表示される可能性が高くなります。 例えば「ラーメン」と「食べ歩き」というキーワードでSEO対策を行うのであれば、文中の記述は「ラーメンを中心とした食べ歩き」と 書くよりも、「ラーメンの食べ歩き」のように書く方が、キーワード聞の距離が縮まってより関連性が高いと見なされるわけです。

おすすめSEO相談:格安SEO対策の東京SEOメーカー