キーワードについて

keywordsでページのキーワードを指定します
keywordsはその名の通り、ページの内容に関係するキーワードを指定するものです。キーワードは複数記述することができ、その場合はカンマで区切ります。例えば、次のように記述します。
<meta name= “keywords ” content= “SEO,格安、激安”>
こうすることで検索エンジンは、このページに関連するキーワードが 「SEO,格安、激安」であることを知ることができるわけです。SEO対策では無関係なキーワードや、 不自然に多くのキーワードを埋め込むのは逆効果ですのでやめましょう。「多くのキ ーワー ドを埋め込めば、それだけ様々な単語で自分のサイトが検索に引っかかるようになるのではないか」と思うかもしれません。実際、かつてはそういったことも可能で、そのため無関係なキーワード をたくさん記述するサイトが増えていました。しかし、現在では、サイトと無関係の単語をキーワードにしていた場合、検索エンジン側で「間違った情報を提供するずるいサイト」というレッテルを貼られてしまい、検索の対象から外されてしまう場合があり
ます 。 したがって、自分のサイ トと 無関係のキーワードを埋め込むことは、やめた方が無難です。また、あまりたくさんのキーワードを記述した場合、検索エンジンがキーワード全体を無視してしまう場合もあるので、好ましくありません。 SEO対策で記述するキーワ ー ドは 5個から 10 個程度に収めるのが良いでしょう 。