descriptionページ内容を伝える

descriptionですが、これはそのページでどんな内容を扱っているかを文章で説明するためのmetaタグです。
多くの検索エンジンでは、検索結果とともにサイトの内容の一部が表示されます。そしてそういった検索エンジンの中には、description が定義されていると、そこに記述された文章をサイト内容の代わりに表示してくれるところも存在します (Google やYahoo! 検索でも利用されています)。ただし Yahoo !検索では、ディレクトリに登録されているホ ームページの場合は、ディレクトリ登録時の説明文が表示されます。現在のSEO対策では、昔ほどロボットはこのdescriptionはみなくなっているようです。

テキストエディタを使って<meta> タグを記入する
ここで、  metaタグを HTML ファイルに追加する方法を解説 します。metaタグの埋め込み方は、ホームページの作成にどんなソフ トウエ アを利用しているのかによって異なりますが、ここではHTMLファイル をテキスト ・エ ディタで編集して、直接metaタグを埋め込む方法を紹介します。 まず、 HTMLファイルをメ モ帳などのテキス トエディタで開くか、オーサリングソフ トの場合はHTMLのデータが直接編集できる状態にしま す。ここにmetaタグを記述 していくわけですが、その記述位置は、<head>~<head>で固まれたヘッダ領域になります。ヘッダ領域の中 であれば、metaタグはどこに書いてもかまいませんが、 他 にもmetaタグが存在する場合は、その後ろなどに追加しておく とわかりやすいでしょう。