metaタグの効果

現在のmetaタグの効果レベル
SEO対策でかつては多くの検索エンジンが、 keywordsやdescriptionの2 つのmetaタグで得られた情報を非常に重要視していました。それは、 これらのmetaタグに書かれたデータが「キーワード」「サイトの説明」 というように目的がはっきりしていたからです。ホームページ内に書かれた文章には、そのページの内容の本質から外れる雑談などが含まれることも多く、文章中のどの単語が実際に重要であるのか、ということを機械的には判別できません。それに対して、目的がハッキリしているこれらのデータを重要視することで、検索結果の精度を上げられると考えられたからです。そのため検索エンジンへの対策として、これらのmetaタグをきちんと記述することは、非常に重要なこととされていました。
meta タグの乱用が、検索エンジンでの評価を下げた
しかし現在では、これらのmetaタグをあまり重要視しない検索エ ンジンも多くなっています。なぜかというと、ある時期SEO のテクニツ クとしてmeta タグにそのサイトとは無関係だがよく検索に利用さ れるキーワードをたくさん埋め込んで、それらのキーワードで検索を行った人を自分のサイトに(キーワードとは全然関係ないにも関わらず)誘導することで、サイトのアクセス数を上げようとするテクニックが横行 してしまったからです。その結果、これらのmetaタグの情報が信頼 されなくなってしまいました。 このおかげで、現在ではmetaタグを記述しでも、検索エンジンによっては全く無視するか、読み込みはしてもそれほど重要視しなくなっ ています。
したがって、metaタグを書くことがSEO に直結することは、かつてほどではなくなっています。