metaタグの有効活用法

metaタグで検索エンジンに情報を伝えることができます。
metaタグで記述した内容はブラウザには表示されません。検索エンジンのみに情報を伝えます。まさにSEO対策と言えるでしょう。metaタグは「そのホーム ページ自体の説明を記述するためのものです。データを説明するデータを「メタデータ」と呼ぶため、こ のような名前になっています。metaタグでは「そのページがどんなページであるのか」とか、「どんな人が作ったのか」などの情報を埋め込むことができます。metaタグと して記述した情報は、ブラウザで表示される ことはありません。 また、metaタグはあくまで「追加情報」を記述するものであり、必ず記述しなければならないものは lつもありません。

オーサリンク‘ソフトがmetaタグを埋め込むことも
ウェブオーサリングソフ ト (FrontPage やDreamweaver 、ホ ームペ
ージビルダーなどのホ ームページを作成するためのソフトウエア)の中 には、独自のmetaタグを使って、SEO対策としてそのソフトウエアだけが利用する専用のデータを埋め込むものもあります。

metaタグでページの有効期限を設定
metaタグはどれだけ記述しても 、ホームページに表示されることはありません。 それは、 そこに記述された情報がホームページの内容ではなく、そのホームページを説明する情報 (メタデータ)だからです。 これらのメタデータは、ブラウザなどのプログラムが、 HTMLファイルをより便利に活用できるように付随させるデータなのです。
ホームページを表示する場合、必すしも毎回 HTMLファイルを取得している わけではありません。多くのブラウザは HTMLファイルのデータをキャッシュに保存して、そのデータを表示しています。よくホームページに「情報が古い場合は、ブラウザの更新ボタンをクリックしてください」などという注意書きがあるのは 、古いキャッシュデータを表示して いる可能性があるためです。 expires でページの有効期限を設定すると、ブラウザがキャッシュデータを参照する際 に現在日時と比較して、もし有効期限を週ぎていればキャッシュを表示せすに、ウェブ 上の更新ファイルを参照するようになるのです。